【公式】
ウイルスの大流行後、かつて繁栄を誇った
ラクーンシティは大火に覆われた。
今や残るものはおそましいクリーチャーと
時に遠くから響く絶叫のみ…

βテストで使用されていたMAP。
特徴は全てのMAPと比べると圧倒的に狭い点
それゆえに混戦になりやすく、ここを上手に捌けるかサバイバーの登竜門といえる。
一方、MM側としてはスレイブ等で乱戦に巻き込みやすいがクリーチャーが固まりやすく手榴弾等の餌食になりやすい。
また、狭いということは準備時間が少ないこともさし、他のMAPと比べるとサバイバー側が有利といえる
まずはトレーニングでMapに慣れるところから始めよう

ボーナスゾンビ4か所、カメラ8か所、証明装置1か所、扉4か所
ダニエル、アネットは最初から本番なのでサバイバーはその点に注意しよう
カメラ2、カメラ6、カメラ7はサバイバーが襲われやすい場所であり、カメラ2のキーアイテムは取り忘れも多いので注意
カメラ8のトイレ付近は襲うのには適さないが一番遠いのでキーアイテムが置いてあるケースが多い
出口付近は混戦になりやすいので余裕があれば殲滅するか、厳しいようであれば手榴弾系統が欲しいところ
MMは逆に手榴弾の餌食にしないようにゾンビ達との間隔をとるようにしたい

警備員ゾンビ配置予定箇所5カ所、ボーナスゾンビ2カ所、カメラ12カ所、照明装置5カ所。
サバイバーは警備員ゾンビを皆で探すところからスタート。近いところから順番に探していこう。
ボーナスゾンビの発生個所が少なく、ベッカを使う方はここの取り忘れがないよう気を付けたい。
ボーナスに関してはMM泣かせの場所である。
警備員ゾンビについてだが、MM側の対応としては余裕があれば出口付近に移動させたい。
理由としては警報装置から最も遠い点で仮に倒されたとしても移動時間を稼げるからである。
MM不慣れな人はそれだけでも後半の防衛率に大きく貢献するだろう
両方の注意点としてはサバイバーのスタートエリアが扉で守られていない点
リッカーやスレイブ用ゾンビ等をMapプリセットで配置し、開幕から攻撃が仕掛けられる点はお互い忘れないでおこうリスポン地点にはバリアが設置された。サバイバー以外はバリアを通過できないのでサバイバーは安心して買い物ができるようになった

ボーナスゾンビ4カ所、カメラ9カ所、リフト2カ所のMM泣かせの最終エリア。
階段降りる前の手すりの場所からほぼ全ての光っているコアが見渡せ、
挙句の果てに一部のコアはリフト使わずに遠距離攻撃でも割れるという攻めるに有利、守るに至難の業
MMは開幕入口のリフトを動かすことがスタートだろう。
MMが有利といえる点はリフトによる分断が可能な点とリフト起動中は逃げ道がないこと。
最終出口を見渡せるカメラが3カ所ある点だろう。
定番な攻めはリフト内でサバイバーが起動する瞬間にバーキンやタイラントなどのアルティメットスキルを使用すること。
バーキンは難しいがタイラントならリフト中のサバイバーは生き残れないだろう
出口の攻防は基本的にはサバイバーには勝てないので、向かう途中のリフトなどで分断し、集中攻撃しよう。
サバイバーはその辺を意識して出口で待つだけでなく、リフト手前などで援護できるようにすると全員生還の道が開けるだろう。

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
I E S​ K Y
 
  • map/ダウンタウン.txt
  • 最終更新: 2020/06/24 00:49
  • by 59.136.238.39