アレックス・ウェスカー

性能:トラップ / 感染

アレックス・ウェスカーは、今回の実験の責任者である。
後援者のスペンサー卿の期待に応え、実験を成功させるため、
自ら実験を執り行うだけでなく、協力者の選定も行っている。
その卓越した頭脳は、物事の数手先を読み、
行く先々に罠を設け被験者たちを感染に追い込んでいく。
また生物兵器「ヤテベオ」を独自開発しており、実戦テストとして投入してくる。

カテゴリーカード名コスト説明
クリーチャーゾンビ(感染)3感染性ガスを放つゾンビを出現させる。(スレイブ化可能)
ゾンビ2ゾンビを出現させる。(スレイブ化可能)
ゾンビ犬2動きが素早いゾンビ犬を出現させる。
這いずりゾンビ0這いずりゾンビを出現させる。(スレイブ化可能)
トラップトラバサミ3サバイバーの動きを封じるトラップを配置する。脱出には時間がかかる。
爆発トラップ2爆発を引き起こすトラップを配置する。
ターゲット化トラップ1サバイバーがクリーチャーから捕捉され、受けるダメージも増加するトラップを配置する。
強化爆発トラップ4大規模な爆発を引き起こすトラップを配置する。
強化弾(感染)1クリーチャーに感染能力を与えるランチャーを監視カメラに搭載する。
効果クイックドロー1モジュールカード以外をすべて捨て新たにカードを引く。

B.O.W. ヤテベオ ヤテベオをスレイブ化する。 基礎クールダウンはエリアごとに410秒ー210秒ー125秒。ダメージを与えることでもチャージが溜まる

  • 大型のため閉所に配置し難く移動もできないが、定点防衛による時間稼ぎがしやすい。近接攻撃への耐性も高め。
  • 接近したサバイバーの移動速度を低下させる効果を持つため、不用意に近づいてしまうと即死攻撃の「喰い尽くす」から逃れるのが難しいので注意が必要。
  • 「触手つる」、「粘液」、「引き寄せ」はそれぞれ同時に使用可能。引き寄せつつ他サバイバーの拘束を狙ったり、攻撃命中時の硬直中を狙って粘液を浴びせたりできる。
  • 「擬態」は言わば休眠状態。姿はバレバレなうえ自動迎撃もしてくれずカウントも減り続けるが、ヤテベオを退去させずに一旦スレイブ化を解除することができるので、サバイバー全員が逃げ出した場合などに有用となる。
  • 爆発物にはあまり弱くなく、ロケランを撃たれてもあまり怯まない。閃光系も全く効き目が無いため、火炎瓶を使用すること。
  • B.O.Wでありながらイビーに匹敵する被撃退数を記録するなどかつてはヤメテオなどと揶揄されていた時代もあるが、アップデートなどによって接近戦のリスクは高くなっていることに注意したい。
  • 弱点は下部の蕾。この部分はクリティカル判定となり、破壊で怯みが発生する。味方が「食い尽くす」の餌食になっているときは的確に狙えば銃器のみで一人でも阻止が可能。
操作CTCT開始基礎性能詳細
自爆無し無しダメージ最大600/使用後ヤテベオ死亡食い尽くす成功後か、スキル:爆発物装備時に使用可能。
自爆ボタンを1.5秒押し続けると、1.7秒後に自爆して周囲にダメージを与える。
擬態無し無しスレイブを中断ヤテベオを透明化させ、スレイブを中断してカメラ操作に戻る。
制限時間内にスレイブし直すか、手札のヤテベオを使うと操作に戻る。
食い尽くす無し無しダメージ9999付近のサバイバー1人を触手で絡めとり、そのまま食べる。動作開始から8.9秒で食べる。
触手つる無し無しダメージ399~330程度地面から触手で突いて攻撃。
攻撃ボタン長押ししつつ視点操作をすることで、攻撃地点をある程度選べる。
粘液5.7秒/1回分動作開始直後粘液による拘束視点中央に粘液を発射し、命中したサバイバーを拘束する。
2回分ストックされる(視点中央の上2つが粘液のストック)
引き寄せ1秒動作終了後粘液を引き寄せるサバイバーを粘液で拘束時のみ使用可能。対象を引き寄せる。
選択スキル名解放ランク説明
新録デフォルトヤテベオの体力が増加する。また、粘液から脱出しにくくする。
  • 粘液による拘束効果が向上しよりタフになることで、引き寄せ、触手つる、食い尽くすが成功しやすくなる。
選択スキル名解放ランク説明
爆発物9サバイバーを貪らなくても自爆できるようになり、攻撃力が上昇する。
  • 「食い尽くす」未成功でも好きなタイミングで自爆できるようなるので、自爆されないと高を括って中距離にいるサバイバーを巻き込みやすくなる。
  • 「食い尽くす」に成功すると更に自爆のダメージが上昇し最大1000ダメージ程度を与えられる。
選択スキル名解放ランク説明
有毒15基礎クールダウン時間を短縮する。
自身が倒されたときに大量の感染ガスをばらまく。
  • クールダウン時間が約30%短縮される。
  • より早期により頻繁に繰り出せるようになり、更に死亡するたびに感染オーラを残すので時間と弾薬の消耗役として活躍できる。
  • アルティメットスキルモジュールやメンテナンスマニュアルと掛け合わせて早出し連発に特化するのも構成も面白い。

バイオハザード 研究データをもとに、さらに強力なウイルスを作り出す。

選択スキル名解放ランク説明
増幅デフォルト感染度が大幅に上昇する。
  • 感染効果が100%強化される(ガスに触れ続けた場合15×1/2=7.5秒で感染レベル1アップ)
  • 感染持ちさえ入れておけばデッキ構成をあまり気にせずに選択可能な使いやすいスキル。
  • シンプルな強さなので後のスキルを解放した場合でもよく選択される
選択スキル名解放ランク説明
伝染3感染性ガスの発生時間が増加する。有効範囲内のクリーチャーも感染能力を得る。
  • ガスの発生時間が増加する(感染トラップの場合、5秒→10秒になる)
  • ガスの範囲内のクリーチャーも感染能力を得る。一度能力を得ると、範囲外に出ても能力は失われない。
  • この効果で感染能力を得たクリーチャーも感染性ガスを放出するため、更に別のクリーチャーに伝播させていくことが可能。
  • ヴァレリーは強化効果の打ち消しを持つが、感染持ちが1体でも残れば次々感染が伝播するため打ち消されにくくなる。
  • ゾンビ犬やリッカーなど移動速度や移動範囲が広いクリーチャーはより広範囲にガスを広げられるため相性が良い。
選択スキル名解放ランク説明
突然変異11感染したサバイバーが近くの仲間に対して感染性ガスをばらまくようになる。
  • 感染状態のサバイバーから更に感染オーラを発生させ、味方を汚染していくソーシャルディスタンス強要スキル。
  • 一まとめに固まって行動しづらくなるため、分断工作や各個撃破を狙いやすくなる効果も期待できる。
  • 感染性ガス缶の効果対象となるかは調査中。
  • 感染の治療は段階が進んでも青ハーブ一つだが、複数人が感染した場合は人数分のハーブが必要なため、より多人数に(低速であっても)感染を広める、という機能は理にかなっている
  • 一方でサバイバー側の動きにより効果が変わって来るため、熟練のサバイバー相手には効果が落ちる、という点は欠点(逆に言えば慣れていないサバイバーが混ざっているチームだと非常に効果的)
選択スキル名解放ランク説明
プロトタイプ T-フォボス17サバイバーの感染度が高ければ高いほど受けるダメージが増加する。
  • 感染ゲージの溜まり具合に応じてダメージが増加し感染1段階で約30%、最大で90%のダメージ増
  • 1段階未満の状態でも感染ゲージに応じた30%以下のダメージ増加がある
  • ダメージ計算より先に感染の判定が行われる。ゾンビの噛み付きや感染罠の爆発により感染度が増える場合は先に感染度を与え、それからダメージ計算が行われるため、クリーチャーでの攻撃は特に感染を意識せずともダメージが増加する
  • 第3ステージの感染マシンガンは1発最大30ダメージに距離減衰(一般的な距離では25ほど)・総弾数50発だが、このスキルと組み合わせると最終的に1発最大60ダメージ近くなり、咳き込みと合わせて楽にダウンが取れる攻撃力になる
  • 一方で、他のスキルと異なり感染自体の速度や感染させるチャンスを増加させる効果ではないため、効率的に利用するためにはガス缶や感染罠など感染度を高めるシナジーを考える必要がある

潜む悪 戦略家のアレックスは真っ向からの戦闘よりもトラップを駆使した戦術を好む。

選択スキル名解放ランク説明
トラップ強化デフォルトトラップカードのコストが1低下する
  • 質より量を取る場合、トラップが主体戦術でない場合などはこちら。
  • 高効率モジュール(トラップ)と組み合わせることで3コストのトラップも1コストで連発が可能に。
  • 耐久度や視認性へのサポートが無いので装備などで補う必要が出てくる。
選択スキル名解放ランク説明
メカニック6トラップの耐久度と解体時間が増加する。また、起爆するまでの時間が短縮する。
  • 起爆時間が短縮するとあるが、正確にはE.I.S.の起動に必要な時間が40%減少する効果。
  • 電気ケーブル3+2と合わせると100%減少となり、全てのE.I.S.操作が1フレームで完了する。
選択スキル名解放ランク説明
ベール13配置されたトラップが一定時間経過後にカモフラージュ状態になる。
  • 配置完了後、1秒弱でカモフラージュ状態になる。小さいためよく見ないと視認しづらい。
  • 照明が消された状態や薄暗い場所で非常に有効なスキル。
  • 感染ガスの影響でもかなり見えにくくなるため、感染クリーチャーのそばに置いたりパッシブスキル1の突然変異との組み合わせも。
選択スキル名解放ランク説明
シンクロナイズ19トラップが他のトラップやクリーチャーへ影響しなくなる。また、E.I.S.使用時は視界内のすべてのトラップが爆発する
  • 爆破トラップはクリーチャーへダメージを与えず、エアバーストはサバイバーのみが飛ばされるようになる。クリーチャーと罠の混成デッキに有効
  • これまではクリーチャー主体の場合、爆破トラップはクリーチャーにもダメージを与え怯ませてしまうため入れにくかったが、このスキルを選択すれば併用可能
  • 罠による怯みがサバイバーのみとなるためチャンスを作りやすくなる
  • 爆破トラップをまとめて置いても、EISを使用しなければ関係のないトラップが誘爆しない。異なる種類の罠を複数まとめて置くケースでも無駄を減らせる
  • アレックス自体がそうだが、特にこのスキルにおいては手榴弾やマーティンのショックウェーブがつらい

カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
トラップ感染トラップ3デフォルトサバイバーを感染させるトラップを配置する。
  • 感染性ガスを範囲内に巻き散らすトラップ、起爆時には少量のダメージと共に強い感染効果を与える。
  • 感染対策していない場合、起爆時のダメージを受ければ感染レベル1相当の感染を付与する。
  • 伝染を選択していれば、クリーチャーに感染能力を付与することも可能でオーラも長時間残る。
  • 文字通り「感染」「トラップ」両方の属性を持つのでパッシブの恩恵を受けやすい。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
トラップ爆発トラップ×335爆発トラップを3つ設置する。
  • カードのイラストとは異なり、横一列に配置される。間隔も広めで、配置できない場所に重なっている分は減らして配置される。
  • 上手くいけば通常の3倍のダメージを叩き出し勝負の決め手となり得、マーティンが解除に取り掛かっても隣のトラップを起爆することで妨害しやすい。
  • 逆に遠距離から一つでも撃ち抜かれれば、誘爆でまとめておじゃんになるため一長一短と言える。
  • 複数設置できないとコストパフォーマンスや利点が失われてしまうが、その場で方向転換させる操作があるので上手く活用しよう。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
クリーチャー破裂ゾンビ(カモフラージュ)312破裂ゾンビ(カモフラージュ)を出現させる。(スレイブ化可能)
  • 透明化可能な破裂ゾンビを出現させる。
  • 透明といってもバレバレであり、スレイブ中は目が赤くなり、強化効果を受ければ更に視認性は上がってしまう。
  • 感染を付与すればパッシブスキル:バイオハザードの恩恵などは受けられるが、コレ単体ではアレックスのサポートは一切無いため、選択は戦術段階からよく吟味する必要があるだろう。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
効果感染218感染中のサバイバーを嘔吐させ、感染度に応じたダメージを与えるが、感染度を下げてしまう。嘔吐ダメージで瀕死にはできない。
  • マップ全体が対象。感染1レベル以上であれば無条件に嘔吐させる。嘔吐モーションで各種の行動をキャンセルさせ、隙を作れる。
  • 発動時に感染度を低下させてしまう。同じ枠の感染トラップとの選択でもあるため、感染させる手段が豊富にあるデッキ・構成と組み合わせたい。
  • 嘔吐させる位置を感染ガスの範囲内にすることで、感染ゲージの低下を抑制できる

カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
モジュール高効率モジュール(感染)3デフォルト手札にある間すべての感染系カードのコストが3下がる。
  • 感染系カードは種類が少ないうえ低コストのものが多い。効果を十全に生かすためには感染強化弾やガス、伝染で感染を付与するのではなく、感染持ちクリーチャーらをフル投入したデッキを構築する必要がある。
  • 上手くハマれば肥大ゾンビ(感染)破裂ゾンビ(感染)ら高コスト感染持ちを低コストで連発できるようになり非常に強力なのだが、あくまでエリア3限定での話であり、エリア2以前をいかにやりくりするかが課題となるだろう。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
クリーチャーピエロゾンビ(カモフラージュ)47ピエロゾンビ(カモフラージュ)を出現させる。(スレイブ化可能)
  • 透明化可能なピエロゾンビを出現させる。
  • 透明といってもバレバレであり、スレイブ中は目が赤くなり、強化効果を受ければ更に視認性は上がってしまう。
  • 攻撃や絶叫で透明化が解除され、攻撃や絶叫をせずにいるとまた透明になる。
  • 感染を付与すればパッシブスキル:バイオハザードの恩恵などは受けられるが、コレ単体ではアレックスのサポートは一切無いため、選択は戦術段階からよく吟味する必要があるだろう。
  • 絶叫そのものはサバイバーを感染オーラやトラップの爆風圏内に留めるのに使いこなせると有用。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
銃器感染弾マシンガン314サバイバーの感染度を上昇させるマシンガンを監視カメラに搭載する。
  • 感染効果が付いたうえ通常のマシンガンよりコストが軽いので、銃器サポートを持たないアレックスでも運用しやすい。
  • 感染戦術の後押しとなり、トラップ主体でも拘束中のサバイバーを狙い撃つなど活躍の幅が広く優秀。
  • ただし肝心のダメージが無く、説明文通り完全に感染度の上昇にしか寄与しないので注意。アップデートにより1発30程度のダメージが付与された。マシンガンよりはダメージが低いがコストは抑えられており、直接的な感染付与が行える性質から感染関連のスキルとの組み合わせも相性が良いため総合的なコストパフォーマンスは高い。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
モジュール破裂MOD520手札にある間、すべての爆発系トラップは配置した瞬間に爆発するようになる。
  • 「配置した瞬間に爆発」とあるが、正しくは「配置した瞬間から起動が開始する」といった効果
  • 配置した後に起爆する操作が必要ないため、多数のトラップを次々と使用することができる
  • 起動速度の影響を受けるため、装備やモジュールで加速していなければサバイバー側もある程度避けることは可能
  • ジャンのEIS無効化を受けている場合でも無関係に起動は行われる
  • デメリットとしては「配置した際は必ず起爆してしまう」という点
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
クリーチャー肥大ゾンビ(感染)52感染性ガスを放つ肥大ゾンビを出現させる。(スレイブ化可能)
銃器粘液拘束弾34サバイバーの動きを封じる粘液を発射するランチャーを監視カメラに搭載する。
モジュール高効率モジュール(トラップ)106手札にある間すべてのトラップカードのコストが1下がる。
効果高効率運用(トラップ)28トラップカードのコストを下げる。
クリーチャー破裂ゾンビ(感染)410破裂ゾンビ(感染)を出現させる。(スレイブ化可能)
効果強化ガス(感染)212有効範囲内にいるすべてのクリーチャーに感染能力を与えるガスを放出する。
モジュールウィルスモジュール(感染)814 このカードが手札にある間、出現したクリーチャーすべてに感染能力を付与するが、コストが1増加する。
トラップデコイ116かく乱用に擬似トラップを配置する。
トラップ衝撃トラップ218衝撃波を放つトラップを配置する。サバイバーを一時的に行動不能にする。
トラップ閃光地雷420閃光を放つトラップを配置する。一時的にサバイバーの目を眩ませて視界をぼやけさせる。
  • 感染およびトラップに特化したマスターマインド。
  • サバイバーには感染ペナルティを受けるかブルーハーブを消費するか、高耐久トラップに弾薬を消費するかその身に受けるかで物資と時間との選択を迫る。
  • 感染とトラップはそれぞれサポートが独立しているので、それぞれに寄せるかハイブリッド型にするか、中途半端にならないよう戦術を決めておく必要あり。
  • 感染クリーチャーはともかく、トラップ、アルティメットスキル:ヤテベオは設置型なので、待ち伏せは得意だが追い打ちは苦手と言える。
  • 選択パッシブスキルにより狙う戦術・構築はガラリと変わるが、基本は感染で時間を消費削り、痺れを切らして突っ込んできたところをトラップにハメていこう。
  • 爆発トラップはクリーチャーや他のトラップにも被害を及ぼすので設置場所は離す必要がある。逆に爆発トラップ同士はいくつか一か所に纏めると破壊されるリスクは増えるが、一度引っかかれば一気にダウンを奪うことが可能。
  • ヤテベオは設置しづらいが閉所でこそ強力なので、警報装置、バイオコアなど要所を中心に展開していきたい。
  • サバイバーの感染を体力を回復しクリーチャーの感染強化を打ち消してくるヴァレリーや、トラップの無力化スキルを持つマーティンは特に天敵。どちらもクールタイム以外無償のスキルであり使用されるだけ損なので、優先的に仕留めるべし。
コメントを入力. Wiki文法が有効です:
G D O K T
 
  • mastermind/アレックス.txt
  • 最終更新: 2020/10/17 21:01
  • by 118.8.222.137