ニコライ・ジノビエフ

ニコライ・ジノビエフは多額の報酬と引き換えに今回の実験に協力することになった。
傭兵として鍛え上げられた、獲物を追い詰める嗅覚と多彩な射撃技術は、
サバイバー達を苦しめるための恐るべき凶器となる。
その攻めを仮に逃れたとしても、次に来るのは追跡者「ネメシス」。
サバイバー達に逃げ場はない。

カテゴリーカード名コスト説明
クリーチャーゾンビ犬2動きが素早いゾンビ犬を出現させる。
トラップトラバサミ3サバイバーの動きを封じるトラップを配置する。脱出には時間がかかる。
爆発トラップ2爆発を引き起こすトラップを配置する。
ターゲット化トラップ1サバイバーがクリーチャーから捕捉され、受けるダメージも増加するトラップを配置する。
銃器マシンガン4マシンガンを監視カメラに搭載する。
ライフル2ライフルを監視カメラに搭載する。
自動ライフル4標的を自動で攻撃するライフルを監視カメラに搭載する。
効果コピースキルX最後に使用したスキルカードをコストが1増加した状態でコピーする。
電磁シールド2使用中の監視カメラのダメージをすべて除去し、サバイバーによる干渉から一時的に保護する。
クイックドロー1モジュールカード以外をすべて捨て新たにカードを引く。

B.O.W.:ネメシス 基礎クールダウンはエリアごとに420秒ー210秒ー140秒。ネメシスをスレイブ化する

  • 素直な挙動。攻撃動作はやや遅いが、隙は少な目。通常時の移動も少し速め
  • 加速中は突進中のタイラントより速く、ドアを潜るモーションも無くなるため追跡能力が非常に高い
  • ジャブによるハメ、触手による広範囲への同時攻撃、殲滅による確実なダウン、と性能は高い
  • 触手はドア、壁には阻まれるが、それ以外の障害物は無視して命中する。射程は限度があるが、意外と広い
  • ダウンタウン第2の棚や、ダウンタウン第3の高低差は無視して触手を命中させることが可能なため、しっかり追えば攻撃チャンスが豊富
  • 一方で、防御技が何も無く、弱点である胸の装置も剥き出し。閃光や高威力の攻撃で確定で怯んでしまう
  • 殲滅のロケットランチャーは低い角度に撃つのは苦手で、至近距離まで接近されると当てられない
  • 殲滅は任意のタイミングでキャンセルすることも可能。またサバイバーの攻撃等でキャンセルされても、発射しない限りクールタイムは発生しない
操作CTCT開始基礎性能詳細
ジャブ無し無しダメージ200/0.95秒間隔左右の腕で殴りつける。
威力は低いが、怯みが強くハメることが可能
触手6秒動作終了後ダメージ300手を地面に付け、サバイバーの足元から触手を出す。攻撃まで1.5秒必要。
前方120°くらいの範囲のサバイバーを攻撃
加速10秒速度増加効果終了時咆哮での拘束4.5秒
移動速度増加15秒
動作開始0.75秒後に咆哮判定発生。
咆哮動作が3.2秒ほどのため、実際の移動速度増加は11.8秒ほど
殲滅15秒動作終了後ダメージ1200ロケットランチャーを構える。もう一度ボタンを押すか、射撃ボタンで発射。
キャンセルボタンでやめることも可能
構え動作に1.6秒ほど必要、発射後4秒ほど武器格納動作が発生
選択スキル名解放ランク説明
無慈悲デフォルトサバイバーがターゲット化、または倒されるとネメシスの基礎クールダウン時間が短縮する。(重複可)
  • 「基礎」とあるがスペンサーのスキル「ジェネレーター」同様誤訳。
  • 実際はターゲット化ごとに1.5%、ダウンでXX%チャージが溜まる仕様。
選択スキル名解放ランク説明
追跡者9ネメシスをスレイブ化している間、全てのサバイバーを自動でターゲット化し、「加速」の基礎クールダウン時間が短縮する。
  • 加速のクールダウン時間が7.5秒になり、少しだけ使いやすくなる。
  • ネメシス使用中は常に全サバイバーがターゲット化(与ダメージ20%アップ)される。ネメシスが消えるとターゲット化効果も消える。
  • 加速の頻度は大きくは変わらない。ターゲット化による攻撃力の向上を活かせるか、といったところ。
選択スキル名解放ランク説明
根絶15「殲滅」使用時、無敵状態になり、与えるダメージが大幅に増加する。
  • 殲滅のダメージが1.5倍の1800になる。
  • 無敵状態では閃光も効かなくなるため、防御技としても殲滅を活用できる。

捕食者 ニコライの追跡技術を前にすれば、いかなるサバイバーも逃れることはできない。

  • サバイバーをターゲット化するスキル。サバイバーの被ダメが1.2倍になり、さらにマーキングされるので壁越しでも行動がわかりやすくなる。
  • 「血痕」と「感染検知」は通常のターゲット化と別で、サバイバーの頭に表示されるマークも異なっており、サバイバーのプレイ画面左下に表示されるアイコンも別にある。
  • ニコライは他にも、第2エリア解放カードの「レーダーパルス」や、ネメシスのスキル「追跡者」によるターゲット化も可能なのでそれも踏まえてスキルを選ぶと良いだろう。
選択スキル名解放ランク説明
追跡弾デフォルト銃器による攻撃を受けたサバイバーをターゲット化できるようになる。
  • 銃器でターゲット化しつつクリーチャーやネメシスに襲わせればそちらのダメージも当然上がるので銃器以外に恩恵が無いわけではない。
  • 命中させるのが容易な「風圧砲」や「粘液拘束弾」でも効果が発生するのは強み。
  • 「レーダーパルス」に頼らなくても容易にターゲット化が狙える。
選択スキル名解放ランク説明
血痕3体力が75%未満のサバイバーを自動でターゲット化する。
  • 位置に関係なく、残り体力がイエロー(CAUTION)以下であればターゲット化され続ける。
  • ただし装備でHPを上げている場合はグリーン(FINE)の状態でもなるので厳密にはその時の最大HPの75%以下が条件。
  • 銃器だけでなくクリーチャーやトラップやネメシスによるダメージでもターゲット化が狙えるようになり、時間経過ではターゲット化が解けないのが強み。
  • 通常のターゲット化とは別で、回復によってこの「血痕」によるターゲット化が解かれても、通常のターゲット化は解かれない。
  • ただしダメージ1.2倍の効果は重複されない。2つのターゲット化が重なってもも1.2倍のまま。
  • 回復をケチる相手には有効か。とはいえ回復を多様するサバイバーもリソース面で打撃を受けるか。
  • 回復されると即座にターゲット化は解けるが、再度体力を減らせば再びターゲット化し「無慈悲」ネメシスの到着が早まるなど駆け引きが発生する。
  • サバイバーがこのスキルを把握しているかどうかで有効性に違いが出やすいスキルと言える。常時ターゲット化されていても気付かない人も多いだろう。
選択スキル名解放ランク説明
感染検知11感染したサバイバーを自動でターゲット化する。
  • 位置に関係なく、感染した状態であればターゲット化され続ける。
  • こちらも通常のターゲット化とは別で、感染を治してこの「感染検知」によるターゲット化が解かれても、通常のターゲット化は解かれない。
  • ニコライはクリーチャーによる感染にサポートはほとんど無いため、銃器スペシャリスト:「バイオテロ」を使用するなど工夫が必要になってくる。
  • そのバイオテロも一定量ダメージを与え続けて初めて感染付与となる仕様なので、他のスキルより有用である点を見出す必要がある。
  • もともと感染はなるべく早く治したいものなので「血痕」よりもターゲット化を解かれやすいか。
  • ただしニコライに対しては感染対策を怠りやすいので有効となることも。
  • 感染していることへのデメリットが増えることでブルーハーブの購入をサバイバーへ強いれるか。
選択スキル名解放ランク説明
U.B.C.S.モニター17クリーチャーに攻撃されているサバイバーをターゲット化し、攻撃力を低下させる。
  • クリーチャーからダメージを受けたサバイバーはターゲット化されるようになる。
  • さらにターゲット化されているサバイバーの攻撃力を17.5%低下(0.825倍)させる。
  • クリーチャー・トラップ・監視カメラ・バイオコア・ネメシス・・・と、全ての体力を疑似的におよそ21%乗算で上昇させることになる。
  • 「ターゲット化トラップ」や「レーダーパルス」を使用した場合も攻撃力を下げる効果は発揮されるのでクリーチャーによる攻撃が難しければ使っていこう。ネメシスの「追跡者」によるターゲット化は未検証。
  • ちなみに「ピエロゾンビ」の「絶叫」で怯ませてもターゲット化されない。

銃器スペシャリスト ニコライは傭兵としての経歴から銃器を効率よく利用できる。

選択スキル名解放ランク説明
銃器強化デフォルト銃器系カードのコストが1低下する。
  • 強力な銃器カードはそこそこコストが高く、特に専用の銃器カードは高コストなので運用のしやすさが段違いに。
  • 高効率モジュール(銃器)と組み合わせれば銃器カードの使い勝手が更に良くなる。
選択スキル名解放ランク説明
マガジン拡張6銃器の弾薬数と使用可能時間が増加する。
  • 適用範囲は全ての銃器が対象。ただし、グレネードランチャーやポッド系の弾数は増加しない。
  • 使用可能時間は30秒から45秒。自動銃系は60秒から90秒に増え、待ち伏せ目的であれば少し余裕をもって設置できる。
  • 「風圧砲」や「粘液拘束弾」の場合、一発だけ撃って弾を残した状態で銃器をすぐ解体することで素早く追撃ができる小技がある。
  • 弾数はそれぞれ個別に増加弾数が下記のように決まっている。

マガジン拡張

スキルカード通常弾数マガジン拡張弾数
(自動)ライフル610
(自動)強化ライフル57
エネルギー吸収ライフル37
(自動)マシンガン5080
徹甲弾12
風圧砲12
粘液拘束弾12
強化弾34
選択スキル名解放ランク説明
バイオテロ13すべての銃器に感染能力を与える。
  • 「すべての銃器」とあるが、実際の適用範囲はダメージが発生する銃器のみである。
  • 与えたダメージの1/10を感染値として与える。基礎ダメージ200のライフルの場合、一発20となり5発で感染レベル1となる。
  • 上記の仕様のため、感染性ガス缶だけでなく大口径バレルやヘッドショットで与ダメを上げても感染値を上げることが可能。
  • 慣れると、狙ったタイミングで感染させて咳き込んだところを畳み掛けることも。ここが最大の魅力か。
  • 咳き込めば攻撃も中断するため防御目的としても使え、さらにそのまま返り討ちを狙える。
  • これだけではサバイバー全体の感染値の上昇は難しい。咳き込みによるタイム減少を狙うのは魅力が低い。
  • 感染した時に必ず咳き込むのを利用する場合、サバイバーには感染を治しておいて欲しいことも。
  • このため意外と「感染検知」とは相性が良いとは言い切れない。銃器メインとなるなら「追跡弾」の方が良いか。
選択スキル名解放ランク説明
ウォッチドッグ19銃器カードを使用する際、近くにランダムなクリーチャーが1体自動的に配置される。
  • 下方修正により、使った銃器の種類によって出現するクリーチャーが変わるようになった。
  • 強化弾の場合は這いずりゾンビの割合が非常に高くなり、犬、通常ゾンビがまれに出現する。
  • その他の銃器の場合、犬、ゾンビの出現率が高いが、這いずりゾンビやカジノゾンビ、肥大ゾンビ、軽アーマーゾンビ、Ne-α寄生体、リッカーなど共通カードのクリーチャーは出る可能性がある。
  • ウィルスモジュールによる強化を付与することは不可。
  • クリーチャーの数が上限値に達している場合は召喚されない。
  • 銃の回転率が低い場合、少量の弱いクリーチャーが生まれタイムを献上するだけになってしまうことも。
  • コスト1の銃器を使って「這いずりゾンビ」以外を召喚できるなら悪くない性能と言える。
  • 他のスキルと違い、クリーチャーを活躍させる工夫が必要になってくる。

カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
効果レーダーパルス0デフォルトすべてのサバイバーをターゲット化できるレーダーパルスを起動する。
  • 対象はマップ全域。
  • 時間と場所を選ばずコストもかからないので手軽なダメージ増幅源としては優秀。
  • 0コストで手札を消費できるので、他に使用したいカードの比率を上げるデッキ圧縮効果もある。悩んだらこれ。
  • ただしニコライは元々ターゲット化の手段を多く持つのでターゲット化の効果自体は余分になりがちなことも。
  • 無慈悲ネメシスのクールタイム短縮とも相性が良いので、無慈悲を選択する際は合わせて採用したい。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
銃器自動強化ライフル65標的を自動で攻撃する強化ライフルを監視カメラに搭載する。
  • 基礎ダメージ240。
  • コストが高いので軽減手段はほぼ必須。
  • さらに破壊時の+20秒がかなり痛いため簡単には破壊されない工夫を要する。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
モジュール銃器無制限モジュール412手札にある間、銃器の使用可能時間が無制限になる。
  • 銃器の時間制限が撤廃される。
  • 自動系銃器やポッドなどで待ち伏せする際には有用。
  • もちろんカメラを簡単に破壊されては意味がないので工夫を要する。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
モジュールオートシールドMOD618手札にある間、監視カメラに銃器を装備すると周囲に電磁シールドが一定時間展開される。
  • 銃器の展開が完了した後、1秒間シールドが発生する。
  • あくまで展開完了後のためマルウェアへの対策にはならない。また銃器の展開が完了するまでの間にカメラが破壊されることもある。
  • 警備装置解除の妨害においては、低コストの銃器カードで連続でシールドを張り続けることで長時間妨害することが可能となり脅威。

カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
トラップ強化トラバサミ4デフォルト通常よりも脱出が困難な強化型のトラバサミを配置する。
  • 通常のトラバサミよりも長時間拘束可能で、その間に銃器やネメシスでのダウンを狙いたい。
  • アレックスと違いコスト軽減が難しいうえ、見つかれば簡単に破壊されるので慎重な運用が必要。
  • ニコライ=トラップというイメージは薄いため奇襲性はある。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
銃器自動マシンガン67標的を自動で攻撃するライトマシンガンを監視カメラに搭載する。
  • 基礎ダメージ40
  • 文字通りマシンガンを自動化したもの。不用意に前に出たサバイバーを勝手に蜂の巣にしてくれる。
  • 自動強化ライフル同様コストが高い。軽減手段を用意し、配置した矢先に遮蔽物越しに破壊されないよう注意。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
銃器徹甲弾814強力な銃器を監視カメラに搭載する。
  • 基礎ダメージ800。装填数が1発のみの徹甲弾を設置する。
  • ターゲット化や装備によってはさらに火力を上げられ、1撃必殺も狙える。
  • コストが高いうえに弾薬は1発。外すとかなりのロスとなるため、より正確なエイム力が求められるハイリスクハイリターンなカード。
  • 「マガジン拡張」で弾数を2発にすることが可能で恩恵がかなり大きい。
  • ヘッドショットによるダメージ増加はないので狙いやすい胴体を狙うべきだろう。
  • ただし距離減衰はあるので長距離射撃は控えるべきか。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
効果タクティカルシールド020全ての監視カメラに電磁シールドが展開される。一定時間エネルギーが回復しなくなる
  • エリア内すべての監視カメラに10秒間のシールドを張る。回復停止は15秒。
  • 唯一の破壊された監視カメラを即復旧できるカード。
  • また自動銃が設置された監視カメラにあとから電磁シールドを展開できるのもこれのみ。
  • あとは複数のマルウェアを剥がせるのも強み。
  • 0コストなので複数のカメラに自動銃を配置した後等、エネルギーが減った場合でも使えるが回復停止時間は長め。
  • エリア3での素のバイオエネルギー回復速度で換算するとバイオエネルギー3.9個分相当の回復停止時間。
  • 自動銃以外では「現在使用しているカメラ」以外のカメラも守りたい、という状況が少なめか。
  • 他3種同様コスト的には高いが、無駄にはなりにくくリスクは低いか。
カテゴリーカード名コスト解放ランク説明
モジュールE.I.S.モジュール(加速化)22手札にある間、E.I.S.の起動速度が2倍になる。
銃器風圧砲24サバイバーをノックバック(タイム-3秒、ダメージ無し、強化爆発地雷程度の吹っ飛び、範囲はグレランより狭い)させる、
強力な圧縮空気の衝撃波を放つ武器を装備する。
モジュール高効率モジュール(銃器)106手札にある間すべての銃器カードのコストが1下がる。
効果高効率運用(銃器)28銃器カードのコストを下げる。
銃器防御強化ポッド210クリーチャーが照射範囲にいる間、ダメージを軽減させる照射器の射出装置を監視カメラに搭載する。
照射は破壊されるまで継続される。
トラップトラバサミ×3412サバイバーの動きを封じるトラバサミを3つ配置する。
モジュールアルティメットスキルモジュール1014手札にある間、大幅にアルティメットスキルのクールダウン時間が短縮する。
クリーチャーNe-a416Ne-aを配置する。自動照準の遠距離攻撃が可能。(スレイブ化可能)
クリーチャーNe-a(感染)518Ne-aを配置する。自動照準の遠距離攻撃と感染ガスの放出も可能。(スレイブ化可能)
効果バリア220サバイバーによる火炎放射器以外のすべての銃撃や砲撃をブロックする保護バリアを展開する。
  • 銃器とターゲット化を駆使するマスターマインド。
  • パッシブスキルによりサバイバーを次々にターゲット化できるため、あらゆる攻撃が高火力となりやすい。
  • 加えて低コスト化or強化された銃器を用い、不用意な行動をするサバイバーから高速でダウンを奪っていく。
  • アルティメットスキル:ネメシスは特に強力。選んだパッシブスキルにより、時が経つほど高速で何度も立ちはだかるか、逃げることでしか防げないロケットランチャーで追い詰めてくるかでその凶悪さは様変わりする。
  • クリーチャーが皆無もしくはオトリとしての少数採用が多く、サバイバー側が物資を得づらいのもニコライの強さのポイント。
  • 銃器に完全特化して組んだ場合のシナジーは非常に大きいが、対カメラ戦を熟知しているチーム相手には厳しい戦いを強いられる。戦果が芳しくない場合はクリーチャー、トラップなど自分の得意な搦め手を混ぜるといい。
  • 自動銃はなるべく壁越しなどから射撃しづらい箇所に設置し、要所の防衛、クリーチャーやネメシスとの連携を狙おう。カメラが複数ある部屋での自身で操る銃や追加の自動銃との十字砲火は特に強力。
  • クイックドロー、コピースキル、シャッフルモジュールなどを駆使するとエリア内の複数のカメラを自動銃化することも可能で、AIに射撃を任せられるのでエイムが苦手な人などにはおすすめ。
  • 風圧弾はコストが軽いうえ上手く狙えば自動銃の射程圏内や、クリーチャーやトラップへサバイバーをお届けするなど様々なコンボの起点として使える(吹き飛びモーション中もクリーチャーの噛みつきやトラップの起動判定は有効)。
  • 装備は主に監視カメラ強化から選択することになる。火力を上げたり修復速度を速めたり、プレイしてて足りないと思った箇所を補い伸ばしていこう。
  • 強力な銃器は比例して高コストでありバイオエネルギーが枯渇しやすい。一度枯渇すると多角的に攻めるのが難しくなり、強力な銃器も組み立て次第即破壊される(サバイバーの注意が集中するため)などコストに見合った働きもさせ辛くなるため、エネルギー管理には一層気を配る必要がある。
  • ターゲット化はあらゆるダメージ量を伸ばしてくれるので、銃メインに拘らず他の戦術に比重を置くのもありだろう。
  • mastermind/ニコライ.txt
  • 最終更新: 2021/09/09 02:09
  • by 西けん