サミュエル・ジョーダン

プロボクサー 21歳 性能:アタッカー / 近接

サムは体力に優れ、拳による格闘戦を得意とする。
有望なボクサーだったが試合で重症を負ってしまう。
治験中の新薬が自分をリングに戻せるかもしれないと聞き被験者に志願。
その後の消息は不明だ。

HP特筆事項
1300移動速度が約10%他キャラより早い

鋼の拳 クリーチャーに対してボクシング仕込みのワンツー攻撃を繰り出せる。ただし、本スキル発動中は素手による攻撃しかできない。

  • 30秒間、「ダッシュパンチ」を含めた拳の攻撃力が大幅に上昇し、拳のみで攻撃をするようになる。
  • 攻撃ボタン連打 又は ボタン押しっぱなしのパンチコンボ(4連打):①低威力 → ②低威力 → ③低威力 → ④高威力。※低威力攻撃途中、ダッシュパンチの割り込みが可能。 
  • ダッシュパンチからのコンボ(3連打):①ダッシュパンチ → ②低威力 → ③高威力。こちらを使うのが基本となる。
  • (基礎威力)低威力:80(104)、高威力:150(195)、ダッシュパンチ:200(260)、フィニッシュブロー:200。 ※()内数値は対バイオコア威力。
  • リーチが短く、あまり前進しないためノックバックしただけで届きにくくなるので注意。
  • フィニッシュブローは近接武器装備時より発動条件が厳しくなっている。(残りHP15%以下?)
  • フィーバー発動中、もう一度フィーバー発動操作をすると中断することが可能、持続が長く武器が制限される本スキルでは重要な操作。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
腕力デフォルト「鋼の拳」の攻撃力が大幅に増加しフィニッシュブローしやすくなる。また、クリーチャーを倒すたびにスキル効果時間が3秒増加する。120秒

スキル詳細

  • 攻撃力4倍。クリティカル倍率1.5倍。
  • フィニッシュブローが近接武器装備時と同じ条件(残りHP35%以下?)になり発動しやすくなる。
  • フィニッシュブロー中は無敵なので防御面でもメリットがある。
  • 倒す度に効果時間が伸びるので、長時間拳で殴り続けることが出来る。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
不死身ランク8「鋼の拳」発動中は体力が回復し、付近のクリーチャーが倒されるたびさらに、体力が少しだけ回復する。120秒

スキル詳細

  • 攻撃力3倍。クリティカル倍率1.5倍。
  • 毎秒60のリジェネに加え付近のクリーチャーが倒れるたびに150の回復。
  • ダッシュパンチのリカバーと重複するため発動中は文字通り「不死身」と言えるほどタフになれる。
  • もちろん、だからと言ってダメージを受けまくっていてはタイムはどんどん減っていくので注意。
  • クリーチャーを倒す前にダウンしてしまいがちで撃破しづらいため攻撃性能は他2つのスキルより大きく劣る。
  • クリーチャーがいなくても、回復だけを目的に使用できるので汎用性は抜群。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
テクニックランク16「鋼の拳」発動中、クリティカル率が大幅に上昇し、クリーチャーに攻撃が命中するたび、更に上昇する。120秒

スキル詳細

  • 攻撃力3倍。クリティカル倍率2倍。モーション速度20%上昇。
  • 「ダッシュパンチ」も含めて動きが速くなるためステップによる移動も速くなる。
  • 「腕力」よりも短時間で多くのクリーチャーを倒しやすく、クリティカルが出れば「ダッシュパンチ」一発で倒せることも。

ダッシュパンチ 付近にいるクリーチャーにダッシュしてパンチを繰り出す。スキル使用後にR2を連打することで連続パンチを繰り出せる。

  • 目の前にクリーチャーやB.O.W.がいれば、それ目掛けてステップで接近して基礎ダメージ200のパンチをする。
  • クリーチャーやB.O.W.がいなくても、攻撃ボタンを入力すればパンチを出す。
  • ステップ中はスレイブ化ゾンビでなければ嚙みつき攻撃による掴みが効かない。
  • パンチを出すとクールダウンが発生する。
  • ダッシュパンチしたあと、操作しなければ一歩引く動作があるが移動でキャンセルでき、すぐに次の行動ができるようになる。
  • パンチをしなければクールダウンが発生しないので、クリーチャーやB.O.W.が近くにいなければステップ移動だけで素早く動き回れる。
  • ダッシュパンチの一発目は強い怯みがあり、B.O.W.や怯み無効のダニエルを除いて怯ませることが出来る。
  • バイオコアは自動では殴ってくれない。手動で殴っても、スキル効果は得られない。
  • B.O.W.は発動終了後の消失中(半透明になったくらい)でもスキル効果が出る、殴る余裕があれば活用してみては。
  • 「近接」扱いのため装備による効果を得ることができる。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
無慈悲デフォルトクリーチャー、B.O.W.を攻撃すると、一時的に与えるダメージが増加する。5秒

スキル詳細

  • クリーチャー、B.O.W.に当てると4秒間の間、ダメージが1.25倍になる
  • 地味な点だが銃器も強化できる
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
リカバーランク4クリーチャー、B.O.W.を攻撃すると、一時的に体力が回復し、感染が治癒される。5秒

スキル詳細

  • クリーチャー、B.O.W.に当てると4秒間、回復能力を得る
  • 50×4の回復と感染レベル0.4相当の感染治癒
  • 流石に感染ガスに留まっていると感染治療は出来ないので、レベルを下げたいなら距離を取ること
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
スピードローダーランク12攻撃がクリーチャーやB.O.W.にヒットすると、所持している銃器が即座にリロードされ、一定時間、クリティカルヒット確率が大幅に上昇する。5秒

スキル詳細

  • クリーチャー、B.O.W.に当てると装備している銃器のリロードが完了する
  • また、命中後5秒間クリティカルヒット率も大幅に向上する
  • リロードが長い武器も運用しやすくなる。銃器メインにするなら採用の価値はある

格闘家 ボクシングのトレーニングにより、近接格闘スキルが大幅に高まっている。

選択スキル名解放ランク説明
フォーカスデフォルト付近のクリーチャー、トラップ、B.O.Wやバイオコアへのダメージが大幅に増加する。

スキル詳細

  • ダッシュパンチの移動距離くらいまでの対象に対して与えるダメージが1.25倍
  • ショットガンなら活かせるが、それ以外の銃器だと効果を活かすのは難しい
  • どうしても銃器で活用するならダッシュパンチで怯ませて使うと良い、ちょうど適用距離で運用できる
  • 火力は「鈍力」より劣るが、リペアキットの消費を抑えられ、またバイオコアに拳で殴るならこちらの方がダメージが出る。
選択スキル名解放ランク説明
鈍力ランク2近接武器によるダメージが大幅に上昇するが、消耗速度も上昇する。

スキル詳細

  • 鋼の拳やダッシュパンチを含めた全近接武器によるダメージが1.35倍、耐久値消費が約1.35倍になる。
  • バイオコアのみ、鋼の拳とダッシュパンチに本スキルが適用されない。
  • 珍しいマイナス効果付きのスキル。もともと消耗が激しく、攻撃力を上げることに魅力の薄い松明やKASHIMAと相性が悪くなる。
  • 第1エリアでは金属バットが入手できるかどうかで安定性が大きく変わってくる。
選択スキル名解放ランク説明
アンストップバブルランク10拳や近接武器の使用中はほとんどの攻撃によるノックバックが軽減される。

スキル詳細

  • 近接攻撃中にノックバックしにくくなる
  • 攻撃力とトレードオフなのが難点
選択スキル名解放ランク説明
リミットブレイクランク18体力が低ければ低いほど攻撃力が上昇する

スキル詳細

  • 体力が低ければ低いほど攻撃力が上昇する
  • 減った体力%と同じ割合ダメージ増加(体力50%でダメージ50%増)
  • 大幅に攻撃力を上げると当然ながらダウンする危険も高まる。
  • 銃器にも効果があり、フォーカスと違い効果範囲は限定されない。

アドレナリン アドレナリンによってフィーバースキルを通常よりも早く使用できる。

選択スキル名解放ランク説明
サージデフォルトクリーチャーを倒す度「鋼の拳」の基礎クールダウン時間が3秒短縮する(最大30秒)

スキル詳細

  • クリーチャーを倒す度にフィーバースキルの基礎クールダウン時間が3秒減る。他3つと異なり “基礎” クールダウン時間なので注意。
  • 例えば、クリーチャーを30体以上倒してしまえば何もしなくても毎回30秒でフィーバー準備が完了するようになる。
  • フィーバ中に倒してもカウントされる。他3つと違い、「鋼の拳」でクリーチャーを倒しても恩恵がある。
  • 終盤になるほど強いスキル。序盤からなるべくクリーチャーを倒して積み重ねていこう。
選択スキル名解放ランク説明
高揚ランク6フィニッシュブローを使うと「鋼の拳」のクールダウン時間が20秒短縮する

スキル詳細

  • フィニッシュブローで倒すと、フィーバースキルのゲージが20%ほど溜まる
  • 効果は高いが出るか出ないかの運要素があるのが難点か。
選択スキル名解放ランク説明
漸減ランク14クリーチャーやB.O.W.に「ダッシュパンチ」を命中させると「鋼の拳」のクールダウン時間が短縮する

スキル詳細

  • ダッシュパンチをクリーチャー、B.O.W.に命中させるとフィーバースキルのゲージが溜まる。(-6秒?)
  • ダッシュパンチを使わないということはまずないので腐ることもほぼ無いか。
選択スキル名解放ランク説明
背水の陣ランク20体力が低ければ低いほど「鋼の拳」のクールダウン時間が減少する

スキル詳細

  • 体力が減った状態の時、その減った割合分、クールダウン時間が短縮する速度が上昇する(?)(体力がMAXの時は毎秒クールダウン時間が1秒分短縮する。体力が50%の時、短縮する速度が50%上昇して、毎秒クールダウン時間が1.5秒分短縮する)
  • 体力が減った状態の時にクールダウン時間が短縮する速度が上昇するので、体力が減った状態を維持していないと効果を発揮しない。
  • 体力はタイローンに次いで高い近接アタッカー。固有スキルも近接攻撃に関係しており、他のサバイバーが近接武器を持つよりも火力が出やすい。
  • 銃器対応スキルもあり、OPムービーのようにショットガンを担いでも高い火力を出せる。
  • コツがいるが、近接武器による通常攻撃は全て、ダウンしたクリーチャーへ命中することができる。
  • 「不死身」や「リカバー」によってアイテムを使わず回復ができる。被弾しやすい接近戦で相性の良い組み合わせであり、クリーチャーが少ないMMでもタンクとしても活躍できる。
  • ナイフ攻撃の代わりにボクシングのワンツーパンチを繰り出せる。もちろん通常の威力はたかが知れてるが、フィーバースキル「鋼の拳」で大幅に攻撃力等を上げて実戦利用を可能とする。
  • 「鋼の拳」や「リカバー」によってリペアキットやハーブを節約しやすく、リソースに余裕が出やすい。
  • フィーバーはクールダウン120秒と普通だが、アドレナリンによって早くたまることが多い。
  • 移動の速さと、パーソナルスキルのステップによって、B.O.W.から逃げたり、銃器攻撃を回避するのは比較的得意。
  • 全てのスキルが自分を強化するものになっており、サポートスキルが一切ない。
  • クリーチャーやバイオコアにしか使いどころがないスキルばかりなため、カメラやトラップ主体の相手には厳しい。
  • 総じて対クリーチャー・バイオコアではトップクラスの性能を誇るが、カメラやトラップ、B.O.W.や仲間に対して働く長所がほとんどない極端な性能になっている。
  • 素手攻撃やダッシュパンチなどクリーチャーにかなり接近する上、独特のモーションが多いので操作の馴れや、クリーチャーの特性を知る必要性が高いキャラ。選ぶなら先ずはトレーニングモードを活用してクリーチャー相手の間合い(距離感)を掴んでおきたい。
  • 近接アタッカーとして前衛に立ち、「ダッシュパンチ」でクリーチャーを怯ませるのと同時にスキル効果を得て、近接武器で攻撃していくのが基本。
  • タンク要員でもあるため、先行してクリーチャー軍団に飛びこみ後衛キャラの安全を確保しながら倒していこう。
  • 「鋼の拳」も「ダッシュパンチ」から攻撃していくのが基本。ただしフィーバーと言えど、複数ゾンビがいるなら仲間の援護がないと噛み付かれるので過信はできない。
  • 「鋼の拳」を上手く使えばリペアキットの消費を抑えることもできるが、素手攻撃は近接武器と勝手が異なる。使いこなせないと感じるならスキルパスを“不死身”にし、移動中の体力回復手段と割り切ってしまってもいいだろう。
  • パッシブスキル2「アドレナリン」でクールダウン時間はかなり短くなるので温存はせず積極的に使おう。
  • 銃器にも適正がある。といっても「格闘家」のスキルパス“フォーカス”が近距離内の対象に火力アップなので、至近距離で高威力を発揮するW870としか相性が良くない。それでも感染対策に役立つだろう。
  • 感染やカメラ、トラップが主体なら銃器構成も視野に入れよう。ただしリソース不足や持ち物を圧迫するので装備で工夫が必要になってくる。
  • バイオコアはなるべくスレッジハンマーで迅速にコア破壊をする。物資に余裕がなければ金属バットや「鋼の拳」も使用する。
  • 移動速度が速いことや役割が単純なこと、対罠、カメラ性能が低いこともあり警備装置の解除役に回ることも多い。装備で増強しなくても素の火力が高いためUSBメモリや警棒を装備して警備装備解除の短縮をするのもあり。
コメントを入力. Wiki文法が有効です:
C S A Q G
 
  • survivor/サミュエル.txt
  • 最終更新: 2021/07/28 23:06
  • by 西けん