ジャニアリー・ヴァン・サント

ハッカー 21歳 性能:アタッカー / ハッキング

ジャンはカメラをハッキングし、監視を妨害することが可能だ。
優秀なハッカーである彼女は、アンブレラ社と癒着したラクーン警察の違法事実を調査していたが、
調査結果を誰にも渡すことなく姿を消した。

HP特筆事項
1200特になし

EMP EMPで監視カメラの機能を弱め、マスターマインドの行動を妨害できる。電磁シールド展開中でも有効。

  • 約1秒で発動。ジャンから紫色のオーラが放たれ、15秒間すべての監視カメラが故障したかのようにビリビリと音を出しながら電気エフェクトが発生し、MMに対してスキルに応じた妨害行為をする。
  • 発動時の監視カメラから発する音や、この電気エフェクトの色がスキルによって異なる。これによって他サバイバーも、どのスキルを使っているか判別可能。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
妨害工作デフォルト15秒間、マスターマインドのスキルコストを大幅に上昇させる。180秒

スキル詳細

  • 監視カメラに黄色の電気エフェクトが発生し、マスターマインドのスキルカードのコストを3上昇させる。
  • エリア移動直後やスレイブ化解除の確認後などに使うと効果的でクリーチャーやトラップの配置を遅らせることができる。(例外もある)
  • 相手は15秒間カードを使わないか、コストの上がったカードを無理に使うか、アルティメットスキル使うかの選択を迫られる。
  • タイミングさえ合えば、どんなMMでも有効となるスキル。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
監視カメラ操作無効化ランク815秒間、マスターマインドが監視カメラを動かせなくなる。180秒

スキル詳細

  • 監視カメラに青色の電気エフェクトが発生し、マスターマインドが監視カメラの視点移動が出来なくなる。
  • 銃器は使い物にならなくなる、ドア閉めやスレイブ化も少し不便になる
  • クリーチャーやトラップ配置は視点移動の必要がないので配置可能
  • MMはカメラの視界内のほとんどの範囲内でE.I.S.が使えるので、E.I.S.による干渉は完全には防げない
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
E.I.S.無効化ランク1615秒間、マスターマインドのE.I.S.が無効化される。120秒

スキル詳細

  • 監視カメラに緑色の電気エフェクトが発生し、マスターマインドがE.I.S.を使えなくなる
  • ドアロック、照明やリフトの操作、トラップ起動、更にスレイブ化まで防ぐ
  • 特にスレイブ化を封印できるのが大きく、マスターマインドの対抗手段がかなり限られることになる
  • クールダウン時間の短さも長所の一つ
  • かなり妨害できるMMもいれば、痛くも痒くもないMMもいる。

オーバーロード 干渉装置を使って監視カメラを無効化し、マスターマインドの行動を妨害できる。

  • プレイヤーの視界内にあるボタン表示がされた監視カメラ1つにめがけてハッキングする。
  • 視界内に監視カメラが複数ある場合は、視点移動して照準を変えられる。
  • 電磁シールドが張られている監視カメラに対しては発動できない。
  • スキル使用モーション中に電磁シールドを貼られても、中断してしまう。
  • スキル使用モーションに入った後はドアを閉められてもそのまま使用が出来るため所謂ドアパタを無視して仕掛けることが可能。
  • スキル使用中は完全無防備で移動もできない。
  • スキルモーション中は対象のカメラを使用しているMMは大きくドクロが映し出されるので、カメラの死角から仕掛けてもMMはハッキングを受けていることを把握できる。
  • 射程はかなり長く、MUPでも届かない距離でも発動できる。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
インスタントデフォルト素早く起動し、標的の監視カメラを即座に無効化する。60秒

スキル詳細

  • 約2秒でカメラを破壊。
  • 壊れているカメラに使って修理度を巻き戻すことも可能。
  • カメラの耐久度による影響はない。むしろカメラの修理時間が長くなるので好都合。
  • MM側からも発動は把握されているので、発動完了前に逃げられることもある。
  • その場合は発動完了の前にキャンセルすることで、MMをカメラから追い払い、かつスキルを温存して何度も追い払うことができる。
  • ただし慣れたMMはギリギリでカメラを切り替えわざと発動させることも。
  • このように慣れた人同士では心理戦や駆け引きが生まれることも。
  • 他スキルに比べ安定した効果でかつMMに最もプレッシャーを与え、揺さぶりをかけることもできるのでどのMMに対しても無駄にはなりにくい。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
ロックダウンランク4ボタンを押している間、1秒毎に標的の監視カメラへ大ダメージを与える。(最大15秒間)30秒

スキル詳細

  • 約1.5秒でダメージを与え始める。15秒のカウントはボタン入力と同時に始まる。
  • ダメージを与えた時点でスキルは使用したことになりスキル終了後クールダウンが始まる。
  • スキル単体ではカメラを壊すのにかなり時間を要するようになる。そのため使用中のカメラ破壊による時間獲得は困難。
  • 監視カメラへのダメージによって破壊、妨害するので、大口径やEMP弾で効果が上がる。
  • クールダウンが短いため、単純にカメラ破壊をするならコスパはいいが、ジャンの無防備な時間が増える。
  • 基本的にはカメラ破壊後に使用するスキルで、壊れたカメラの修復を大幅に妨害し、使用不能状態を長時間キープすることができる。
  • 特にカメラが1か所しかない地点で、MMの干渉を完全に排除できると効果が大きいが、逆にカメラが2か所ある地点ではカメラ1台にかかりきりになってしまい使いにくいことも。
  • 発動までのディレイやダメージ量の関係から、未破壊状態のカメラ破壊は銃を使う方が楽で安定なことがほとんど。

ロックダウンの効果

使用スキル・装備耐久値が最大のカメラを破壊するのに要する時間
無し約6.2秒
EMP弾1+2約4.6秒
放電弾・大口径約4.6秒
放電弾・大口径+EMP弾1+2約3.7秒
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
マルウェアランク12マスターマインドがスキルを使うと、ウイルスにより標的の監視カメラを即座に無効化する。60秒

スキル詳細

  • 約3.5秒で対象のカメラにセット。
  • セットされたカメラはモザイクのようなエフェクトがかかり、よく見ると紫色の英数字が無数に飛び出している。他サバイバーも確認できる。
  • セットしたカメラでスキルカードが使用されると効果が発動する。
  • 効果発動時はカメラが破壊され、スキルカードの必要エネルギーも消費され、カード効果自体も不発となる。
  • ただし電磁シールドはマルウェアが無効化されて展開される。またアルティメット・スキルカードは無効化できない。
  • エネルギーを消費させつつカメラを壊し、制限時間も+10秒得られるので効果はかなり大きいが、マルウェアに侵されたカメラは画面外周に紫色のノイズが走るため相手も判別できる。迂闊に踏むかどうかは相手のプレイングスキルにも依る
  • 破壊された際に+20秒される銃器カードだった場合は同じく+20秒になる。
  • マルウェアは時間経過では解除されず、また個数の上限も無い。ただしカメラを破壊すると解除される。
  • MMは最初、インスタントを警戒するのでマルウェアと知るまではインスタントと同じく揺さぶりをかけることも可能。
  • 同じ場所を往復するようなエリアでは特に活かしやすい性能。
  • 逆に混戦時に仕掛けるのは効果が薄く、特に他スキルと違って銃器やポッドを展開しているカメラを即時に無効化できないのがデメリット。
  • MMは+10秒増える代わりに好きなタイミングで電磁シールドを貼れるといったメリットもあったりするので効果が発動したからと言って必ずしもプラスではない。
  • スキル自体は悪くはないのだが、仕掛けたときの満足感と効果が発動した時の達成感が妙に高くなりがちで中毒性が高いので注意。
  • 他スキルと違い使うタイミングを難しく考える必要がなく最も手軽で使いやすく、さらにこの中毒性からか多くのカメラに仕掛けたい欲求が生まれ前線から離れて単独行動をとるプレイヤーが多い。
  • 決してそれが間違いだとは限らないが前線の仲間への負担や、単独行動というリスクを冒してまでやることなのかどうか、ただのマルウェア中毒による行動になっていないか気を付けよう。

放電弾 放電弾を使用して、監視カメラに大きなダメージを与えることができる。

選択スキル名解放ランク説明
大口径デフォルトジャンが監視カメラに与えるダメージが大幅に上昇する。

スキル詳細

  • 監視カメラに与えるダメージが50%増加(1.5倍)。王道スキル。
  • 「ロックダウン」による攻撃も対象。
  • 装備の「EMP弾」を併用する場合は加算で計算される。

大口径

EMP弾1 EMP弾2 大口径 倍率
1.85
1.71
1.64
1.50
1.35
1.21
1.14
選択スキル名解放ランク説明
エネルギー遮断ランク2作動中の監視カメラにダメージを与えると、マスターマインドのバイオエネルギー回復が1秒間停止する。

スキル詳細

  • マスターマインドが覗いているカメラに対してのみ有効。覗いていない自動銃では効果は発動しない
  • 使い方次第じゃ凶悪だと思いますがなかなか難しいスキル
選択スキル名解放ランク説明
武器破壊ランク10作動中の銃器搭載カメラに対する攻撃力が大幅に上昇する。

スキル詳細

  • 銃器使用中の監視カメラに対してのダメージが150%増加(2.5倍)。
  • 「EMP弾」と組み合わせれば「RAI-DEN」で一発で破壊を狙えるほどのダメージ量になり、銃器特化構成の相手には猛威を振るう。
  • ただしMMも対処は可能で、装備で耐久値を50%上げれば「RAI-DEN」による一発破壊はヴァレリーの「監視カメラマーキング」を併用しないと不可能になる。
  • 銃器メインのMM相手であっても組み立て前に破壊することが重要な面もあるため必ずしも「大口径」より活躍できるとも限らない。
  • クリーチャーやトラップを主体に使うMMは基本的に銃器を使わないので、最も死にスキルになりやすいのが難点。
  • 装備の「EMP弾」を併用する場合は乗算で計算される。下記参照。

武器破壊

EMP弾1 EMP弾2 武器破壊 倍率
3.375
3.025
2.850
2.500
1.350
1.210
1.140
選択スキル名解放ランク説明
こそ泥ランク18作動中の監視カメラ攻撃時に少量のアンブレラクレジットを獲得する。

スキル詳細

  • 監視カメラに与えたダメージ量によって入手量は増減する。
  • 『エネルギー遮断』と同様、自動銃やポッド展開中のカメラを攻撃しても、MMが覗いていなければ効果は得られない。
  • MMが既に破壊された監視カメラを覗いている間に攻撃した場合にも効果は適用されるが、破壊済みの監視カメラへの攻撃はダメージが大きく軽減されるため、獲得できる量もせいぜい1UCほど。手動回復中に大量のアブレラクレジットを稼ぐなどのプレイングはできないので注意。
  • パーソナルスキルの『インスタント』と『マルウェア』によるハッキング攻撃ではアンブレラクレジットを獲得できないが、『ロックダウン』による攻撃では獲得できることを確認済み。しかし、ロックダウンを受けたMMは基本的にカメラから即座に離れるため、獲得できる量は1-5UCほどとごく少量。本スキルを選択した場合は『大口径』による監視カメラへの威力上昇効果の恩恵も受けられないため、アンブレラクレジットを得られることを理由にロックダウンを選択する意義は薄いだろう。
  • 先述の通り、本スキルを選択した場合は『大口径』による監視カメラへの威力上昇効果の恩恵が受けられないため、装備の『EMP弾』で対カメラ能力を補いたい。アンブレラクレジットを多く得られれば『アーセナル』による火力増強や『ドラッグストア』によるサポートをしやすくはなるものの、あくまでジャニアリーの役割は“監視カメラを攻撃してMMへ圧力をかけていくこと”であることを忘れてはならない。マッチング時には味方もそれを前提として動くので、ジャニアリー本来の役割を放棄しないように気をつけよう。
  • “入手したアンブレラクレジットは味方には配られない” “ラッキーチャームの効果は適用されるのかどうか”に関しては未検証です。

こそ泥

使用銃器1発のUC獲得量
MUP4UC
クイックドロウアーミー3UC
マチルダ3UC
MQ111UC
LE52UC
W87014UC
ライトニングホーク14UC
RAI-DEN20UC
GM7920UC
ミニガン?UC
スパークショット14UC
火炎放射器2UC
ATM-4?UC
破片手榴弾20UC
閃光手榴弾?UC
火炎瓶?UC

サイバーマンデー 武器ボックスをハッキングし、在庫数と価格を改ざんできる。

選択スキル名解放ランク説明
バーゲンセールデフォルトジャンが武器ボックスで購入する銃器以外のアイテムの価格が低下する。

スキル詳細

  • 銃器のみ定価で、近接や弾薬など全て30%安く買える。
  • 装備の「財布」や「クレジットカード」の恩恵が強くなる。
選択スキル名解放ランク説明
アーセナルランク6ジャンが武器ボックスでランダムの強力武器を購入できるようになる。

スキル詳細

  • エリアごとに一つランダムな強力武器が買えます。(確率は調査中)
  • 対象となるのはATM-4、GM79、ミニガン、スパークショットの4種類。火炎放射器は登場しない
  • お値段はスパークショットのみ250クレ 他は200クレ
  • 同じ武器が何度もラインナップされることも。目当ての武器が来るかは運次第
選択スキル名解放ランク説明
ドラッグストアランク14武器ボックスですべての回復アイテムが購入可能になる。

スキル詳細

  • 救急スプレー、感染治療スプレー、強壮スプレーが追加される
  • 価格は全て50UC100UC。個数はエリアごとに各1つずつ追加される(最大で各3個)
選択スキル名解放ランク説明
ランサムウェアランク20EMPを使用すると武器ボックスに無料アイテムが出現する。

スキル詳細

  • ハーブ、弾薬、投擲武器に加え、低確率ながらアーセナルの強力武器も出現する。
  • 武器ボックスにストックできるのは5個まで。既に5個ストックされている状態でEMPを使用しても何も変化がない。
  • 元々無制限に販売されている弾薬は単純に価格分の得をするだけだが、販売数が制限されているハーブや、取得タイミングが限られるアイテムは思わぬ活躍をすることも。
  • バーゲンセールやドラッグストアなどと比べると安定性には欠けるが、爆発力があり、物資切れになるような長期戦に強い。
  • クールダウンが短くて使用回数が増える分効果が発動しやすい「E.I.S.無効化」と相性が良い。

ランサムウェア ラインナップ

確率アイテム個数
弾薬301
弾薬501
グリーンハーブ2
ブルーハーブ2
イエローハーブ2
火炎瓶1
破片手榴弾1
閃光手榴弾1
強力武器1
  • いかにも人との関わりを嫌いそうな愛想のないパンク系女子。口も悪いが根は良さそうな一面を持つ。
  • キャラ紹介ではアタッカーとあるが、ハッキング能力で間接的にパーティ全体をサポートするキャラ。
  • オーバーロードや放電弾によって、監視カメラへ攻撃するのが明確な役割となっている。
  • 初期スキルがすべて優秀で、低ランクでなくても初期スキルを使っている人が多い。
  • 派手さはないものの堅実なスキルを持ち、どのマスターマインドが相手でも刺さるのでパーティの縁の下の力持ち。
  • ジャンに限った話ではないがMM側もプレイするほどに、MMに対して嫌な立ち回りをすることができるようになる。ジャンは特にこの影響が大きく出る。
  • 基本的に弾薬を節約して、カメラ破壊に専念する。敵の戦略を読みベストなタイミングでフィーバーを発動させたい。
  • 第1エリアで購入できる銃器なら、「MQ11」や「W870」が監視カメラ破壊に強力。ただしどちらも高価で弾薬に余裕が持てないので注意。
  • 第2エリアではカードキーは拾わず仲間に任せて徹底的にカメラをマークし、警備装置解除をサポートしよう。
  • 第3エリアでもコア付近のカメラをマーク。「W870」があるならコア破壊にも貢献できるだろう。
  • 監視カメラは攻撃を受けている間は視点操作や銃撃、配置スキルカードの使用が不可となる。「MQ11」や「LE5」で連射してMMの行動を大きく制限できることも知っておこう。
  • バーゲンセールにより格安でアイテムが購入できるため、余裕があれば分配するのも有効。また開幕から「KASHIMA」と「リペアキット」を買う余裕もあるためスレイブ対策要員としても役立つ。
  • 総合的に監視カメラ対策に特化しており銃器特化のMMでは必須級。またリソース面も優れているため汎用性が高く腐りにくいサバイバー。
コメントを入力. Wiki文法が有効です:
U R P X Q
 
  • survivor/ジャニアリー.txt
  • 最終更新: 2021/06/26 13:56
  • by 西けん