ジル・バレンタイン

元:ラクーン市警特殊部隊「S.T.A.R.S」αチーム:RS 23歳 性能:アタッカー / コンバット

ジルは我が目を疑った。数名の若者と閉じ込められており、未だ自分は悪夢の中にいるのではないかと。
ラクーン市警特殊部隊「S.T.A.R.S」に所属するジルは、アンブレラ社の悪事に気づき、独自に調査を進めていたが、直後上司から自宅謹慎を命じられる。
彼女は軟禁中に度々悪夢を見るようになる。目を覚ましたいと祈る彼女はすぐに気づくだろう。ここで流す血は夢ではないことに。

HP特筆事項
1200移動速度が約10%他キャラより早い

S.T.A.R.S装備 S.T.A.R.S専用の強力な銃器を一時的に使用できる。

  • 30秒間、専用の武器だけで攻撃ができるようになる。終わるまで通常武器は使えなくなる。
  • 全て攻撃スキルだが、他サバイバーと違い選べる3つのスキル性能が大きく異なったものになっている。
  • 銃器と書かれているが「HOTDOGGER」は近接。
  • フィーバー発動中、もう一度フィーバー発動操作をすると中断することが可能。
  • フィーバーを発動した時点でパッシブスキル「強襲部隊」の効力を失う。
  • パッシブスキル「強襲部隊」の「強行突破」が発動すると、フィーバーゲージが減少するので注意。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
サムライエッジデフォルト武器をサムライエッジに切り替える。命中精度が高く、ダメージおよびノックバック力が増加する。120秒

スキル詳細

  • 基礎ダメージ585。レティクル縮小1.5倍。射程距離はMUP並み。ほぼノックバックする。
  • クリティカル倍率が2倍と高く、火力を上げるならクリティカルの確立を上げたいところ。
  • 弾数は7発。打ち尽くすとフィーバー終了。
  • 「銃器」扱いなので装備による効果を得ることができる。
  • クールダウン時間が短い分、気軽に撃てることや装備スキルの幅が広いのは魅力。
  • 3つのスキルの中でバイオコアに対しては最もダメージ量に期待ができる。
  • エイム力によるプレイヤースキルの影響を受けやすいフィーバー。パッシブスキル「特殊部隊」を活用しよう。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
ロケットランチャーランク8武器を4発装填のロケットランチャーに切り替える。広範囲の爆発ダメージを与えることができる。300秒

スキル詳細

  • 基礎ダメージ2400。バイオコアには基礎ダメージ1600。レティクルはない。
  • 「銃器」扱いなので装備による効果を得ることができる。
  • 弾数は4発。打ち尽くすとフィーバー終了。
  • カメラ破壊、B.O.W.の足止めなどにも役立ち汎用性はとても高く、特に密集したクリーチャーに対してかなり強い。
  • ただしヤテベオやバイオコアには効果が薄い。仲間を妨害して逆効果になる場合も。
  • フィーバー発動するタイミングには要注意。発動直後に瀕死になっては目も当てられない。
  • クールダウン時間がダントツに長いのが大きな欠点。ジルの場合「強襲部隊」もあるためさらに影響が大きい。
  • 着弾地点付近にいる自分や仲間は怯み、トラップも破壊するので使い方を誤ると逆効果。
  • 文句なしに強力ではあるが、長いクールダウン時間と「強襲部隊」を大きく制限してまでの価値を見出すのはとても難しい。
  • これら欠点が災いして、気軽に使えずタイミングを見極めるのがかなり難しいが、だからと言って躊躇していると使用回数が減る。「強襲部隊」を活かすかどうかも問われ扱いが難しい。
  • 基本的に大量のゾンビを倒して残り時間を稼げないと元が取れない。スレイブ相手に撃ってしまう程度だと割に合わず小回りが利かないスキルとも言える。
  • 総合的にハイリスクハイリターンなスキル。欠点にも目を向けることが重要となってくる。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
HOTDOGGERランク16武器をHOTDOGGERに切り替える。攻撃対象に炎上効果を与え、ほとんどのクリーチャーの噛み付き攻撃に反撃できる。90秒

スキル詳細

  • 基礎攻撃力は550、攻撃速度も普通。松明より攻撃力(350)は高いが突く攻撃なので範囲が狭い。
  • 「近接」扱いなので装備による効果を得ることができる。
  • 正面から噛みつかれた場合、ボタン入力で反撃して基礎ダメージ550と確率で炎上効果を与える。持続時間は減らず何度も反撃可能。
  • イビーは背後から噛みつかれても反撃でき、松明より安全に処理できる。
  • 「強襲部隊」の効果を最も得やすい。第1エリアですぐに使えるようにしたい場合は特に有用。
  • 一見攻撃力が低く地味という印象だが30秒間無制限に使い続けられるというのは全フィーバー中最高の持続時間。クール時間も全フィーバー中最短。
  • 持続時間が長く噛みつきにも反撃できるので積極的に敵を倒すというよりも窮地の際に粘って生き延びるために使うべきスキル。
  • クリーチャーに対してしか使いどころがなく3つの中で汎用性は最も低い。「強襲部隊」を活かすため一度もフィーバーを使わずに終わることも珍しくない。
  • 使用するとアプリケーションエラーが発生する場合があるので修正されるまで使用は控えた方がよい

回避 素早い身のこなしでクリーチャーの攻撃を回避できる。

  • スティックの倒した方向へ回避行動をする。スティックを倒してなければ後方へ回避する。
  • 回避は動作開始時の一瞬を除いて完全無敵で、あらゆる攻撃や硬直を無効化する
  • ギリギリまで引き付けてから使うと逆に被弾する点に注意。本編とは全く性能が異なる。
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
クールダウン時間短縮デフォルトクールダウン時間短縮が短縮する。5秒

スキル詳細

  • 回避がすぐに使えるようになる
  • B.O.W.や敵の群れを突破するのに使いやすくなる
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
アルファチームランク4少しの間、ダメージとクリティカル発生率が上昇する。15秒

スキル詳細

  • 回避開始から5秒間、効果を得る。(回避動作終了から換算すると4秒間)
  • ダメージが1.2倍になり、クリティカル率が約30%上昇
選択スキル名解放ランク説明基礎クールダウン
ダッシュランク12一時的に移動速度が上昇する。10秒

スキル詳細

  • 回避開始から5秒間、効果を得る。(回避動作終了から換算すると4秒間)

強襲部隊 ジルは特殊な軍事訓練を受けており様々なスキルを体得している。

  • フィーバーゲージ満タン時に発動するという変わった条件を持つので注意。
  • 「S.T.A.R.S装備」を使用した時点で、またフルチャージされるまで「強襲部隊」の効力はなくなる。
選択スキル名解放ランク説明
強行突破デフォルト「S.T.A.R.S装備」がフルチャージ状態の時、クリーチャーによる噛みつき攻撃に対して反撃が可能になるが、クールダウン時間が増加する。

スキル詳細

  • 正面から噛みつかれた場合、ボタン入力により任意でナイフを突き刺して反撃し微量のダメージを与える。
  • 背後から噛みつかれた場合は使用不可。
  • クールダウン時間が増加するというより、使用時にフィーバーゲージが約25%減少する
  • そのためロケットランチャーを使っている場合は大損する。
選択スキル名解放ランク説明
対監視戦術ランク2「S.T.A.R.S装備」がフルチャージされていると、トラップと監視カメラに与えるダメージが大幅に上昇する。

スキル詳細

  • フルチャージの時トラップや、監視カメラに与えるダメージ+50%
  • 監視カメラに対してはジャンの「大口径」と同じだが、装備の「EMP弾」を使用した場合、計算式が違うため「大口径」を上回る威力になる。
選択スキル名解放ランク説明
マスターキーランク10「S.T.A.R.S装備」がフルチャージされていると、ロックされたドアをすばやく解錠できる。

スキル詳細

  • フルチャージされた状態だと、ドアにタックルせずに鍵穴を弄って開けるようになる
  • ドア耐久値に応じて解錠時間は伸び、レベル3だと3秒、レベル2だと2.3秒、レベル1だと1.5秒で解錠する。
  • マスターキーなしで一発でこじ開けるよりも時間がかかるが、一切前進しないためタイローン以上に安全性が高い。
  • ドア開け中は一切操作を受け付けず、レベル3のドアだと3秒かかるのでそこをカメラガンで撃たれたりしないように気を付けたい。
選択スキル名解放ランク説明
メディックランク18「S.T.A.R.S.装備」がフルチャージ状態の時、仲間の蘇生にかかる時間が大幅に減少し、蘇生時に少量の体力を回復する。

スキル詳細

  • 最大HPの50%まで回復する。

特殊部隊 一流の射撃技術を駆使してクリーチャーを攻撃する。

選択スキル名解放ランク説明
精密デフォルト移動中でも、エイム時のレティクルが拡大しない。

スキル詳細

  • エイム時というか、構え移動しながらでもレティクルが縮小する
選択スキル名解放ランク説明
マークスマンランク6レティクルが完全に縮小していると、ダメージが増加する。

スキル詳細

  • 銃器のレティクル縮小時のダメージボーナスが1.3倍に増加、ただしクリーチャーのみ対象    ※8/5アップデートでコアも対象に変更。
  • 乗算で計算されるため、元からレティクル縮小1.5倍の武器は1.95倍になる
  • 元の倍率が1倍のライトニングホークも1.3倍になる
選択スキル名解放ランク説明
ランアンドガンランク14エイム時の移動速度が上昇する。

スキル詳細

  • 歩きとほぼ同じ速度で移動できるようになる。
  • 唯一レティクルが関係なく、近接武器でも投擲武器でもナイフでも恩恵を受ける。
  • ショットガンをメインに戦うのであればこのスキル一択となる。
  • 一見地味なスキルに思えるが移動速度が速いジルとは相性が良い。撃ちながらゾンビと安全な距離を取ったり動きながらカメラ銃を処理することで的を絞らせないといったプレーがやりやすくなる。
選択スキル名解放ランク説明
ターゲット捕捉ランク20レティクルが完全に縮小した状態でダメージを与えると、「S.T.A.R.S.装備」のクールダウン時間が減少する。

スキル詳細

  • ロケットランチャー装備の場合、マチルダ1発をレティクル収縮状態で命中するごとにCTを約0.5%短縮(加えて、与えたダメージ量によるフィーバースキルのCT短縮がありマチルダの場合は一発ごとに実質約0.8%の短縮となる)。
  • この場合、50発当てることでCTを40%短縮し、180秒でチャージが完了することになる。
  • フィーバーを早くためることは他サバイバーよりもかなり重要であるため、可能な限り狙っていこう。
  • 「強襲部隊」と逆で、フィーバーゲージ満タンなら当然効力がなにもなく、このスキルのみフィーバーゲージ満タンでもまたパッシブスキルが1つだけということになる。「S.T.A.R.S装備」や「強襲部隊」の2つとトレードオフ。
  • もともとフィーバー準備完了までパッシブスキル1がないので、直接戦闘では役立たないこのスキルを選んだ場合、実質パッシブスキルが1つもない状態で戦うことになり、さらにレティクル縮小して撃つのはDPSが低く、フィーバーがたまるまでの非力さに拍車をかけるスキルとなってしまっている。仲間への負担が増える可能性がある。
  • DPSを下げてまでフィーバー準備を早めるべきかどうかの判断力が問われる。
  • このスキルを積極的に利用するのであれば対ゾンビで強力なショットガンやバットを持つことができない。ゾンビにダメージを与える事でもクールダウンを短縮することができる以上、初期装備のハンドガンを使用するなど戦闘力を極端に落としてまでこのスキルでクールダウン短縮を狙うことは得策ではない。
  • みなさんご存じの、本編からのゲストキャラ。こう見えてヴァレリーとは同い年である。自分で「鍵開けの天才」と言いながらドアにタックルをする一発ギャグの天才。
  • 他サバイバーは人間離れした技術や能力のフィーバーなどを有しているが、ジルは強力な武器を使うなど、まさかのもっとも人間っぽい性能になっている。
  • 遅れて参戦したサバイバーにもかかわらず、必須級のヴァレリーとジャンを除けば一番多く使用されているダントツの人気サバイバー。
  • 本編とは異なる点が多いので注意。本編で慣れているのを理由に選ぶ必要性は全くない。特に回避は使うタイミングや性能が変わっている。
  • 移動の速さと、「回避」によってさまざまな障害を無視した突破を狙え、生存力も高い。
  • パッシブスキル「強襲部隊」は、フィーバーゲージ満タン時にしか効力がない特殊な条件を持つ。
  • フィーバーゲージが満タンでなければパッシブスキルが1つしかなく、他サバイバーより劣りがち。
  • 「S.T.A.R.S装備」と「強襲部隊」の選べるスキル効果がそれぞれ大きく異なっており、選んだスキル、パーティ、装備やプレイヤー次第で役割や立ち回りが大きく変わるサバイバー。
  • そのため、MMからはどんな立ち回りをするか予想が難しくなるが、ランダムマッチでは逆に仲間からもどんなスキルを使っているかわからないため役割分担が難しい。
  • 「S.T.A.R.S装備」による攻撃、「強襲部隊」による補助と、アタッカーもサポーターもこなし、さまざまな役割を見出せる反面、中途半端で器用貧乏に陥る可能性も高い。
  • 明確な役割がないことによる仲間との意思疎通の必要性。「S.T.A.R.S装備」と「強襲部隊」のトレードオフという特殊性。「回避」という使いどころが難しいパーソナルスキル。総合的に扱いが難しい。
  • どんな構成が正解なのかを導き出すのは大変困難なサバイバー。考えなしに使うと他サバイバーの劣化版になりかねない。
  • まず、スキルやパーティによって役割が大きく変わってしまうので明確な役割はない。
  • 第1エリアでは、回避で敵の攻撃を無視してキーアイテム回収が狙える。移動も早いので不意打ちを狙える・・・が、MMも承知なので過信は禁物。孤立しやすく一か八か。
  • スレイブゾンビがやる所謂ドアパタ対策として、回避でトラップごとかわして突破を狙える・・・が、一歩間違えればリンチにされるので注意。
  • 噛み付きに反撃できるなら、角材や金属バットの攻撃が早いので近接も担当できる。ただし、初期装備は銃な上、パッシブスキル「特殊部隊」は銃器スキルなので注意。
  • 「マスターキー」でドアのこじ開けの役割になれる。ただしタイローンのようにドアのこじ開けが明確な役割ではないので譲ってもらえない可能性が高いので意思疎通の必要性が出てくる。
  • 安全なドア開けができるマスターキーがあればタイローンと2手に別れて進行するといった事も可能になるのでサバイバー側の戦略の幅は広がる。それでも少人数で動くのは危険が増すので上級者向けと言えるが。
  • フィーバーは強襲部隊とトレードオフなので、冷静に状況を判断して使用しよう。他サバイバーより考える必要がある。
  • ロケットランチャーを選んだ場合、敵殲滅、カメラ破壊、B.O.W.足止めと、フィーバーで活躍できるのは“当たり前”。
  • 逆に断トツのクールダウンの長さと、それによってほぼ犠牲になるパッシブスキルがあるだけに、フィーバー以外での非力さで足を引っ張りかねない。ロケランだけで活躍した気にならないよう注意。
  • HOTDOGGERを選んだ場合は強襲部隊をしっかり活かそう。また、フィーバー中は噛みつきに反撃できるので混戦時には攻防で役立てるだろう。
  • 他サバイバーの代役ができるということは、他サバイバーのことをよく知る必要性があり、このゲームをしっかり理解できてない人は器用貧乏になる。まずは他のサバイバーを数人使いこなせる必要があるだろう。
  • ジルを使うにはまず「役割を見出す」ことが重要になってくる。さらにフィーバーと強襲部隊のトレードオフ、他サバイバーとの意思疎通、フィーバーゲージ満タンまでの非力さ…。ジルを使いこなすのは困難を極める。
  • よって初心者には使いこなせず、やり込んでいる人でもこのゲームをより理解した人しかこの「ジル・バレンタイン」をフルに使いこなすことはできないだろう。
  • ジルを使いこなしたいのであればフィーバー頼みのプレイではなく、移動の速さと回避、強襲部隊を生かしてできるだけゾンビの攻撃を食らわずトラップや感染ゾーンを避けながら進むといった丁寧なプレイングが求められる。
コメントを入力. Wiki文法が有効です:
N L U M W
 
  • survivor/ジル.txt
  • 最終更新: 2021/02/24 16:16
  • by 西向け